初期設定の罠。。

setting

当店での商品は基本的に設定を初期化してお届けしております。

そのため、お客様に初期設定をしていただいております。

その初期設定からみでここ最近2度ほどトラブル発生。。

初期設定はおつけしているマニュアルを見れば設定自体はそれ

ほど難しくないのですが、多くのお客様は初期設定作業は初

体験なことが多く、マニュアルを見ないでもなんとなく設定

できることもあり、たいていの場合はあまり細かい検討は

せずに行っていると思われます。

メーカーや機器によりますが、設定内容としてはシステムに

つける名前やネットワークアドレス、映像出力設定などです。

たいていの場合にはなんとなく設定でも問題なくいくことが

多いですが、トラブルになりやすいのが映像出力設定です。

最近の機器はそもそもHDMIだけと選択肢がないので間違え

ようがないですが、少し前の機種はピンケーブル(黄色)と

RGB端子の両方がついている機種が多いです。

この中で特に危ないのがどちらかを選択するともう一方が

出力しない機器です。当店でよく出荷している機器として

はPolycom VSXシリーズやSony PCS-1などです。

しかも、初期設定作業時はどの出力端子からも映像が出る

のです。

今回のトラブルパターンはPCS-1でRGB出力での利用です。

(1)RGB端子とモニタを接続して初期設定開始

→モニタには初期設定画面がRGB端子経由で出力されます

(2)映像出力をデフォルトの「本体VIDEO」を選択

→本当は「本体RGB」を選択しないとだめ。

(3)初期設定終了後再起動

→映像出力は「本体VIDEO」(ピンもしくはS端子)のみ

になってしまい、RGB出力でモニタにつなぐと画面が

真っ黒。。。

遅まきながら初期設定のわかりやすい抜粋マニュアルを追加

でおつけすることにいたしました。

今までもご購入いただいたけれどうまく初期設定できなかった

お客様が他にいたかもしれません。。

どうも申し訳ありませんでした。

テレビ会議トラブル事例ページへ

中古テレビ会議販売ページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です