店長のテレビ会議20年 -其の9-  IPでのテレビ会議へ(1)

MCUのトラブルが収まってしばらくして大阪のお客様からIPでのテレビ会議

について相談がありました。確か2000年だったと思います。

お客様では当時各通信キャリアがサービス提供を始めていた企業向けの

IP-VPNサービスを導入済みで、せっかくだからここにテレビ会議システム

の通信も乗せてコスト削減をしたいというお話でした。

それまではテレビ会議システムといえばISDN回線を利用するのが一般的

で、IPでテレビ会議をするというのは聞いた事がありませんでした。

「おお!ついにテレビ会議もIPか。」と思った記憶があります。

IPでのテレビ会議システムの国際標準規格としては1996年にH.323という

現在でも主流のものが制定され、Polycom社のViewStationという機器は

既にIPが標準対応になっていました。

しかし、オフィス内のLANでの利用であればともかく、遠隔地の通信で

128kbpsもしくは384kbpsという通信をするには当時の専用線は高額

すぎて、どう考えてもISDNの利用がお得という状況だったので、テレビ

会議をIPでやろうというお客様は皆無でした。NTTがフレッツADSLを

始めたのが2000年12月、Yahoo!BBが始まったのが2001年というこの頃

ブロードバンド回線というものはまだなかったのです。

しかし、このユーザはこれらのブロードバンド回線に先駆けて始まって

いた、企業向けIP-VPNを全社に導入していました。(大企業だったので)

しかし、せっかく高額な回線を使っているのだからテレビ会議でも使わ

ないともったいないと、IPでのテレビ会議の提案を求めてきたという

わけでした。

「もちろん提案させていただきます。」と共同での提案を求めてきた

NTT大阪支店の方には力強く回答しましたが、何の知識も経験もあり

ません。

ただし、テレビ会議サービスのプロである我々がこのチャンスを逃す

わけにはいきません。早速調査を開始しました。

其の8 恐るべし、MCU(多地点接続装置) その5

中古テレビ会議販売ページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です