テレビ会議システムのメーカー保守が終了してしまいますが大丈夫ですか? 大丈夫です!

「○○社の××という機器のメーカー保守が終了してしまうと聞いたのですが、こちらで購入しても大丈夫でしょうか?」

と、先日お客様から質問をいただきました。他にも同様の心配をされているお客様がいるかもしれません。

回答は

「大丈夫です!(即答)」

とさせていただきました。

なぜなら、

「中古品にはそもそもメーカー保守が契約できないから」です。

メーカーや機器にもよりますが、基本的に新品として購入していない機器についてはメーカー保守を受ける事ができません。

そもそもメーカー保守を受けられないのですから、メーカーが保守を終了してしまっても関係ないわけです。

それでは故障したらどうするのでしょうか?

中古品の場合には故障したら故障した部品もしくは本体を交換するしかありません。物によっては修理できる場合もありますが、交換した方が安くつくことが多いです。

従って中古品を買って壊れたときの事を心配するとしたら、それはもう交換する物が見つからないときになります。

しかしながら、長く大切に利用されるお客様もたくさんいらっしゃるので、ある程度普及していた商品であれば交換用の商品もたいてい見つけられます。

販売後10年くらい経った商品であればまったく問題なく、20年くらいたった商品でも見つける事ができます。ただし、そのくらい経つと商品としての寿命にも近づいてきますので、そろそろ機種の交換のタイミングだとは思います。

あまり流通しなかった機器についてはなんとも言えませんが、多くのお客様が使っていた商品であればメーカー保守が終了するからといって慌てて機種を更改することもありません。心配でしたら一度相談ください。

中古テレビ会議販売ページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です