【試してみました】Polycom HDXシリーズのマイクを机から落とさない方法

先日お客様から相談をいただきました。

「ポリコムのTV会議システムを使用していますが、

よく、社員が小型マイクを落下させてしまうのですが、

マイクにつける吸盤など、ございますか。

落下を防止するツールを検討したいです。」

なるほど。HDXのマイクは結構壊れやすく、落下により使えなく

なることが多いと思われます。

ポリコムのマイクを机に固定して使うという発想がなかった私は

こういったニーズを初めて目の当たりにし、少し戸惑いながらも

とりあえず調べてみました。

まずは問合せいただいた吸盤から調べてみました。

Googleで「吸盤」と入れて画像検索するともちろん吸盤関連の写真

がザクザク出てきます。

しかし、どうもマイクの裏側につけられそうなものは見当たりません。

片側が吸盤で、反対側がシールでマイクにつけばよいのでは?と思って

見たのですが、そういう商品はあんまりないようです。

おそらく吸盤の威力が強すぎてマイクに接着しても、引っ張るとマイク側が

とれてしまうのでは?と思い当たりました。

吸盤ほど強力ではなく、接着するものはないかと探してみました。

見つけたのが耐震マットです。買ってみたのが以下のものです。

アマゾンではこちら

https://www.amazon.co.jp/dp/B00008B89E/

とりあえずマイクの裏につけてみました。

机に置いてみると、ちょっと押したくらいでは全然動きません!

また、粘着しているだけなので、引っ張れば取れなくはありません。

会議の際に取り出して机に置いて、会議中は固定してという使い方にも対応

できるかな?と思いましたが、何度かやってみると耐震マットがマイクから

はがれて机に残ってしまう事もままあります。

表裏とも同じような粘着力なのでこのままでは仕方ないでしょう。

そこで、マイク側はアロンアルファで耐震マットをつけてみたところ、

持ち上げた時に机に残ることはなくなりました!

これで完成か?と思い、更に何度か試していたら、耐震マットの吸着力

が落ちてきました。。

しかし、パッケージには

「粘着面が汚れたも、水洗いをして乾かせば何度でも粘着力が復活します。」

と力強く書いてあります。

すでに接着剤でマイクにとりつけた耐震マットは水洗いできないので、

ウェットティッシュで拭いてみたら、乾いた後は粘着力復活!

とりあえず会議中マイクを固定したい場合にはこんな方法もありそうです。

使い方に合っていそうであれば、材料費は安上がりなのでよければ一度お試しください。

ただし、机の用材等により状況が異なるかもしれませんのであくまで自己

責任にてお願いします。

中古テレビ会議販売ページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です